新築一軒家を建てる第一歩「注文住宅カタログ」

>

カタログの次は展示場!

展示会で注意すべき点

住宅展示会では、様々なモデルハウスが所狭しと並んでいます。
実際に実物を見る訳ですから、イメージもとてもしやすく、より自身の将来の家が見えてくることでしょう。
注文住宅カタログも持参して、実際の家を見ながら、スペックなどを照らし合わせるというのも、賢いカタログの使い方です。

必ず、見に足を運んで欲しいのですが、少し注意点があります。
住宅展示会では、往々にしてより見栄えを良くするために、通常より質の高い家具や小物、植物などを飾り、雰囲気の演出を行っています。
「こんな家に住みたい」と思わず欲してしまいがちです。
しかしながら、それはあくまで装飾に過ぎません。
モデルハウスに憧れて家を建て、そして現実に後悔するなんて方も残念ながら存在します。

沢山のモデルハウスは見てほしいですが、あまり過度な演出は冷静に受け止めましょう。

現場見学会に出掛けよう

現場見学会とは、実際に建設している途中の家を、直接見れるチャンスです。

展示会となにが違うのと聞かれることも多いですが、実際にこれから住む予定の、家の建築過程を見れるのは、ごまかしようのない住宅の良さが確認できるのが、大きな違いです。

現場見学会には大きく分けて、「構造見学会」と「完成見学会」があります。
構造見学会とは、完成してからでは見れない「土台」や「構造材」などが確認できます。
特にご家族と住むという方は、安全性の確認にもなるので、是非参加しましょう。
完成見学会は、家が完成し、いよいよ引き渡しという段階で見れる機会です。
当然、展示会のような装飾はされていませんので、本当の「素」の状態が見れます。

とてもいい機会ですので、是非参加してください。
また、そのような機会を逃さない為にも、「注文住宅カタログ」は必須です。
色々なメーカーさんのカタログを見分して、貴方にあったところを探してみてください。