新築一軒家を建てる第一歩「注文住宅カタログ」

>

新築一軒家を建てるということ

注文住宅とは?

「注文住宅」と言われてもピンとこない方も多いのではないでしょうか。
なかなか普段の生活では、耳にしない言葉だと思います。

注文住宅とは、ズバリ「オーダーメイド住宅」のことです。
住宅を建てる際に、自分のイメージを反映させ、思い思いの家を建てることができます。
非常に楽しく、夢が広がることですが、反面価格が高くなるというデメリットがあることも理解しましょう。
家に限らず、「オーダーメイド」というモノが価格が高騰しやすいですね。

新築の一軒家となると、「注文住宅」という選択肢がメインになります。
現状、日本の新築住宅の中でもダントツに多いと言われています。
もちろん、色々な考えの方がいらっしゃるでしょうが、やはり新築の一軒家を建てるとなると、イメージを反映させやすい「注文住宅」という選択をされる方が多いようです。

注文住宅以外を知る

注文住宅以外の選択肢とはなんでしょう?

それは「建売住宅」です。
注文住宅との違いは様々ありますが、まずは「コストを下げることができる」に尽きると思います。
そもそも、家の購入は大きな金額の買い物となります。
少しでもコストを下げたいと考えるのも自然なことと思いますね。

コストが下げれますが、その分、自由度が低いという点がデメリットと言えるでしょう。
「建売」の文字の通り、すでに完成されたモノを購入するのですから、全て自分のイメージ通りとはいかないでしょう。
少し不満があるという声が多いのが「建売住宅」の特徴でもあります。

「注文住宅」と「建売住宅」、それぞれメリットとデメリットがあり、悩ましいところではあります。
しかしながら、日本の新築住宅のほとんどが「注文住宅」という事実から見えるのは、やはり「自分のイメージを反映させたい」という強い思いです。

「家」に、後悔はしたくないということでしょう。